BLOG(作品DIARY)

#42「siesta」

#42「siesta」

o0267040012060320372

 

 

siesta・・・お昼寝。赤ちゃんがお昼寝している姿って、本当に癒しオーラの極み。
無垢で、真っ白で、なんともいえぬ、あの時間。フランスからのビーズやリボンをあしらって、
可愛い天使ちゃんを使ってみました。先日のイベントに作らせてもらったもの。
気に入ってくださった方がいらして、お嫁にいきました。

お贈りする妊婦さんはアンティークな家具などがお好きで、
インテリアもこだわっていらっしゃる方とのこと。
お部屋にマッチするといいですが・・・・

サプライズパーティとのこと。
ビッグサプライズになったでしょうか・・・

私も赤ちゃんに戻って、のどかなひだまりの中でお昼寝していたい・・・ヮ。

 

produced by LA couche designer midori

#41「夏の再会」

#41「夏の再会」

o0267040012050631360

 

 

ある方からのご依頼。

高校時代に友人だった人と、LAでの再会。

お互いに結婚し、時を経て友人同士は偶然にも同じLAに住むことに・・・・

そして・・・何年ぶりかの再会。

 

その方は今妊娠9ヶ月。

8月には女の子のご誕生。

 

妊婦さんへの贈り物だから、生まれてくる赤ちゃんの性別に関係なく、
ブルーや白やグリーン系の爽やかな夏らしいものを・・・というご依頼主のご希望。
リネンをあしらって涼しげな感じにしてみました。

 

再会の記念に捧げるダイパーケーキ。

o0266040012051167907

 

 

私にもひとり、高校時代の友人がLAにいます。
高校時代にすごく仲良しだったわけでもなく、たまに話す、程度だった彼女。

でもね、海外なんかで再会すると、まるで親戚かのように打ち解けられる・・・

昔の友は大事にしたいです。

さて、今回のダイパーケーキ、ご本人たってのご希望で、ご自身でお作りになりたい、とのこと。

『オーダープライベートレッスン』ということで、お友達とおふたりでいらしていただきました。
その様子はまた後ほど・・・・

 

produced by LA couche designer midori

#40「Little black dress」

#40「Little black dress」

o0267040012014713488

 

(front)

ベビーシャワーに“黒”の革命。

o0267040012014713490

 

(back)

先日お話した“女と黒”の話⇒◎◎◎

私の黒のへの挑戦は、ビバリーヒルズのペニンシュラホテルで行われる
あるベビーシャワーへのオーダーでさせていただくことにしました。

 

著名な建築家をご主人に持つある女性への贈り物。
とても子供がいるとは思えないスタイリッシュな大人の空間であるお宅に
黒を使ったダイパーは、きっと合うのでは??と。

 

ご本人も、ココシャネルの黒の革命ドレス“Little black dree”をさらりと着こなせそうなとてもお洒落な美しい女性。

 

「女性の生き方」=「スタイル」を表現しようとしたココ・シャネル。

o0195020012014721355
美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である

 

とシャネルは言っています。
装い=「知恵」・・・いい言葉ですね。

 

ドレスにイミテーションジュエリーを施したシャネルのように??
ちょっとジュエリーをほどこしたダイパーケーキ。

o0267040012014713489
シャネルが目指した装いのように、ダイパーケーキにその人の個性を大切にした“スタイル”を表現したみたつもりですが・・・・がいかがでしょうか?

 

produced by LA couche designer midori

Los Ferlzの庭で

5月末、6月1日、3日間行われたnanaminaでの合同trunkshow、
多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。

o0267040012012339971 o0267040012012339973

o0267040012012339975 o0267040012012339972

 

 

日本の方、アメリカの方、アジア系の方、いろいろな方々にお越しいただいて、
驚きの出会いもあったり。
ともかく、仕事をしていて一番嬉しいのは、素敵な出会いに巡り会うこと。

o0267040012012315183 o0267040012012320659

 

 

nanamina看板娘Marinaはおてもやんなのに、やっぱりお洒落。ダディに次ぐ名カメラマン。

o0267040012012353422 o0267040012012353419

 

 

ダイパーケーキはこの3作品にしました。

『siesta』

o0267040012012353420

 

 

『モネの庭』

o0267040012012353421

 

 

『rouge』

o0267040012012376914

 

produced by LA couche designer midori

みなさんに温かな声をかけていただいて、本当に嬉しかったです。

ランチには、手の込んだ、体の喜ぶNaoちゃん作のお弁当。

o0267040012012353423

 

 

ここは異国の地だというのに、自家製の酒粕でつけた脂ののったサーモンや
バジルと松の実のおにぎりやら、美味しい和え物。
デザートには甘酒のスコーン。Naoちゃんご飯がどんなに体にいいかは、Naoちゃんのつるつるお肌を見れば一目瞭然。

今回一緒に企画した友人達、みんなパワーがあって、それぞれにママだったりと、きっと忙しいに違いないけど、でも、のんびりしていて程よく肩の力が抜けていて、
“楽しむ”ということを知っている人達。心地よく仕事をさせてもらいました。

お越しくださった皆様、関わってくださったみなさん、
いろいろ・・・いろいろ・・・ほんとうにありがとうございました。

今回の作品の詳細はまたぼちぼちUPしようと思います。

女と黒

“黒”

 

最高の上品さを奏でる色でもありながら、ひとつ間違うと品のない色ともなる
色のない色、“黒”。

「白と黒には絶対の美しさがある」
「色を多く使う服ほど醜い」

というココ・シャネルの言葉は知る人も多い名言であろう。

ココ・シャネルは黒を喪服の世界から、モードの世界へと昇格させた黒使いの魔術師。
「この一着だけでシャネルの名は不滅だ」と言わしめた“リトルブラックドレス”のエピソードは言わずとも。

o0200027511989054193

 

 

【ココ・シャネルという生き方(新人物文庫)より】

茶道という“わびさび”の伝統の世界でも、“黒楽”のお茶碗は、最も崇高な空間を作り出すシンプルの極み。
最高に美しいと思う。

なにしろ、“黒”というのは奥が深い。

そして私の思うお洒落な女の条件。それは・・・・

「黒をノーブルに使いこなす人」

それは女の誰しもが持ちえる“黒”の部分の見せ方とも共通する何かがあるかな。

内面も外見も“黒”がいさぎいい、ってのが“黒”の見せ方上手な“いい女”。
どうでしょう?

 

「黒はすべての色にまさる。あたしが作った黒のドレスは、白い衿とカフスをつけると、毎日パンのように飛ぶように売れた。 誰もがそれを着た。」by ココ・シャネル

ベビーシャワーという名の下で、“黒”は難しい色のひとつ。
シャネルが施した白い衿とカフスのように、黒を素敵な贈り物に仕上げることができるか。

ダイパーケーキの“黒”

シャネルのドレス革命ならぬ、ダイパーケーキ革命(おーーーげさな・笑)に
ちょっと挑戦してみることにしまーーす!

t02200293_0600080011051282962

 

#39「Gemini」

♯39「Gemini」

o0267040011974511757
ある大切な友のベビーシャワーに

ほんの少しアンティーク調に
ほんの少しエレガントに
ほんの少し大人の可愛らしさを

ベビーちゃんへの小さなドールに、ほんの少しずつの大人のスパイスきかせた
ママのための贈り物です。

詳細はまた後日・・・

 

produced by LA couche designer midori

#38「DRESS diapercake #4」

【ドレスダイパーケーキ】

みなさんから「可愛いね」というお声を多数いただき、
日本でのご注文も、お若い方からご婦人まで人気のこの変り種ダイパーケーキ!

以前にいくつか作っていたものをぼちぼちとご紹介します。

#38「DRESS diapercake No.4」

o0267040011963054945

 

 

マクロビレストラン「SEED」でのベビーシャワーへのオーダー。

オーガニックでマクロビでなんとも妊婦さんへの気遣い溢れる場所のセレクト。
シェフのエリックさんは、マドンナのプライベートシェフもされていた方。
奥様は日本人なので、なんだか勝手に身近に感じて、私も幾度かお邪魔したことがあります。
ここのべジバーガーはとても美味しくて、確かLAタイムズかな?べジバーガー部門1位に輝いていたはず。

 

さて・・・

主役の妊婦さんは2人目のご出産で初めて女の子。
バリバリのキャリアウーマンながら、優しくてそして賢くて・・・
ご夫婦もすごく仲良しというお話。

お好みの傾向などもうかがいながら、待望の女の子、ちょうどチューリップの花が美しく咲く頃のご出産予定とのこと。
1歳になられた春から夏に着られるように、コットンのドレスにしてみました。

o0267040011963054946

ちょうど、私が日本に帰国していた頃、元気な女の子お誕生になられたとのお話。
おめでとうございます!

 

ドレスダイパー、ドレスを選ぶのも作るのも、ひときわ楽しいケーキなのでした。
でもね、案外、一体感を作るのが難しいのよーーーー^^

 

よくお問い合わせをいただくので・・・日本ではご出産のお祝いはもちろんのこと、
1歳のお誕生日とかにも喜んでいただけると思います。

今、日本でお求めいただける商品はこちらからです⇒◎◎◎

 

produced by LA couche designer midori

#37 「sexual allure」

#37「sexual allure」

o0400026711927427968

 

 

セクシーな魅力を持ったドルガバの似合う妹さんへ・・・・

「魅惑のレオパード」

今回のオーダー、華やかなのがお好みな名古屋のご実家に飾られたいということで
ご実家のインテリアをお聞きしたらば・・・

ダイニングテーブルは濃いエメラルドグリーン、
そのすぐ隣のリビングスペースには黒い螺鈿のチェストとコーヒーテーブル、
そして黒い革のソファー・・・・・
カーテンはゴールド・・・・・

・・・・・な、なんとハイレベルな色使い!!

これはまさしく、「THE、名古屋」でしょうか?

この作品のサンプルをご提案したら、ご依頼主の方から

「親子揃って“移動動物園”と名づけられるほどのアニマル柄好きなのです!イメージにぴったり!」

と言っていただいて、ほっ。。。

 

ということで、5月にご出産の妹さん。
もうご準備でご実家に帰省されている頃でしょうか?

お母様と移動動物園ならぬ、おむつ動物園^^をお楽しみいただけたら幸いです。。。

 

produced by LA couche designer midori

#36 「卯と卵」

#36「卯と卵」

o0400026711897010792

 

 

アメリカでは4月、イースターのお祭りに向けて、街はうさぎやら、卵やら・・・・
春色パステルカラーで彩られます。

この作品は、LAで出会ったの大親友のベビーシャワーへの贈り物。
彼女はもう、帰国してしまったのだけれど、最近3人目の妊娠のお知らせをもらって。。。

 

それはそれはもう、私まで自分のことのように嬉しいワタシなのです・・・

 

LAの生活をすごくエンジョイしていた彼女へ、思い出のイースター。
一緒にエッグハントに行った思い出の写真を見ながら、イメージして作ってみました。

桜咲く頃、うさぎ年の彼女に、イースターの思い出とともに・・・
イメージはばっちり?かな?

さて、ベビーシャワーは京都にて。
ワタシのとっておきの秘密の場所でやる予定です。

またレポートします。

 

 

produced by LA couche designer midori

#35 「Vivaldi ~La Primavera~」

#35「Vivaldi ~La Primavera~」

2012 spring summer collection作品

o0267040011826537848

 

 

名曲ヴィヴァルディの“四季”。
その中でも“春”はおなじみの曲ですね。

春の軽快なバイオリンの音色を聞いているだけで、
心が晴れやかになります。

麗かな風に花舞散る春。
若葉が芽吹く新緑美しい初夏。

そんな春から夏へ移りゆく季節をイメージしてみました。

 

フランスメイドの上質なコットンリボンに、金銀を施した刺繍のアップリケ。
大人の女性に・・・ノーブルな雰囲気の中に可愛らしさを添えて。

 

3月3日から販売開始させてもらう作品です。

 

produced by LA couche designer midori